現役会員の声

一般社団法人広島青年会議所
2019年度   異文化共生委員会   委員長

齋藤   晃成

2012年入会(入会8年目)
友愛不動産建設株式会社

Q1:入会のきっかけは?

昔から懇意にしていただいていた先輩が広島青年会議所に入会し、その先輩からお声がけをいただき入会することになりました。私の父親も広島青年会議所のOBということで、父親の後押しもあり26歳の時に入会をしましたがあっという間に8年の歳月が経過しました。今では青年会議所の活動が自分自身の成長に繋がると考えられるようになりました。

Q2:入会してどんなことがありましたか?

入会する前から色々な方にお話をお聞きする機会があり、最初は辛いかもしれないが頑張って活動を続けようと言われましたが、実際入会してみると、確かに辛い時期はありましたが、それ以上に周りの仲間と仲良くなれる仕組みが考えられており、今思えば心に残る体験をさせてもらったのだと感じます。

Q3:広島青年会議所で得たものは何ですか?

修練・奉仕・友情の三信条の元、会員全員が同じ方向を向いているので、不安な事や辛い時もありますが、周りのメンバーに助けられながら活動をしています。
大人になって素晴らしい友ができたことが財産です。

Q4:入会を考えている方へ

広島青年会議所に入会をさせていただき、日本全国に友人ができたこと、また世界にも友人ができたことは、私の財産です。
この会に入会をしていなければ出会う事のできなかった仲間と出会わせてくれた青年会議所に本当に感謝します。