SDGsの取り組みについて

持続可能な開発目標(SDGs)とは

持続可能な開発目標(SDGs)とは、2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として、2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの国際目標です。持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成され、地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)ことを誓っています。SDGsは発展途上国のみならず、先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものです。広島県も「SDGs未来都市」に2019年6月15日に選定され、SDGsの推進を行っています。

また2019年1月17日に公益社団法人日本青年会議所が、外務省と「持続可能な開発目標(SDGs)推進におけるタイアップ宣言」に署名をいたしました。これにより、中小企業や自治体におけるSDGs推進,次世代の子ども達へのSDGs推進,SDGs達成に向けたプロジェクトの全国実施等の取組を,外務省と日本青年会議所が協働して推進することを宣言し、全国の青年会議所が一体となってSDGsに取り組んでいくことになりました。

「持続可能な開発目標(SDGs)推進におけるタイアップ宣言」

持続可能な開発目標(SDGs)の活動についてはこちらをご覧ください

広島青年会議所はSDGsに取り組んでいます。

SDGsは企業での実施も視野に入れた、国際連合で193カ国によって採決された国際目標です。地域の企業経営者が多く在籍する広島青年会議所でも、SDGsについて学び、地域に広げ、SDGs推進の運動を展開しています。

広島青年会議所のSDGsの取り組み実績

2018年11月10日(土)におりづるタワーにて「PEACE TO THE FUTURE ~一人ひとりの行動が未来を創る~」と題し、広島市内の大学生・専門学生を集めてSDGsについて学び、自分事として受け止めてもらう事業を実施いたしました。本事業では、ユニタール広島事務所様や広島県平和推進プロジェクトチーム、・中国地方ESD活動支援センター様などにご講演いただき、SDGsとは何かを一から学んでいただき、学生の皆様には身近なところからどのようにSDGsを達成できるのディスカッションを行いました。

<参考資料>:「PEACE TO THE FUTURE ~一人ひとりの行動が未来を創る~」事業報告書

事業報告書をダウンロード(PDF)